読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしいせかいとわたしたち

わたしと家族とその暮らし。手の届く範囲の、たのしいこと。

・6帖一間から3LDKへ.果たしてわたしたちは豊かになったのか

絵のこと 家のこと

 

 

 f:id:matsumoto_ten:20160913192331j:plain

(引っ越し当日.  まだカーテンもない我が家)

 

 

さいしょに、わいさんと暮らし始めたときは、

6帖一間の ワンルームでした.

 

セツ・モードセミナーという、大変ユニークな絵の学校に通っていて、

自分の背丈ほどもある絵を描いたりしていたんです.

そんな狭い部屋でどうやって?!って、今では思うけど・・・

 

f:id:matsumoto_ten:20160915203737j:plain

(こんなに大きな絵も、小さな小さなローテーブルの上、

 折りたたみながら描いた )

 

布団を敷いたら、もう部屋には何も置けなかった!

布団たたんで、空いたところにどうにか小さなローテーブル置いて、

その上で食事したり、

大きな絵のパネルは壁に立てかけて描いたり.

 

 

さらにその頃、わたしもわいさんも、音楽活動をしていたので、

ギターやらアンプやらいーっぱいあって(いまもあるけど)

それらが、小さな小さな収納を占拠.

つまり、服を入れる場所なんてなかった.

たしか、小さな三段の衣装ケースが2組あって、その1組が一人分.

下着も靴下もトップスもボトムスも、ぜーんぶ、その中に納めてた. ・・・おさまってたんだから、ものすごく少なかったんだろうね、服.  それでも服が大好きでした.

 

f:id:matsumoto_ten:20160915202317j:plain

(これは東日本大震災直後. 暖房器具もつけられなくてモコモコを着てお絵かき.)

 

 

 

いつか広いおうちに住んで、

自分の部屋を持って、

好きなだけお絵描きしたい、

布団も一人一組ずつあって、

ダイニングテーブルでごはんをたべて、

リビングにはソファーを置いて、

 

キッチンにはコンロが3口もあって、

洗った食器を置くスペース、

まな板を置くスペースがちゃんとあって・・

(ミニすぎるキッチンでした)

 

そして、それぞれのクローゼットがあって、好きな服を綺麗に収納して、

お風呂とトイレが別々で、(3点ユニットだった)

水道からはお湯が出て・・(でなかった. 真冬の洗い物が地獄でした)

 

雑貨なんかも飾っちゃいたい.

そしてテレビもほしい!(これは、今でもないけれど(^.^)

・・・そんな夢をもっていたんです.

 

f:id:matsumoto_ten:20160915202612j:plain

(時計がないから、100円均一で目覚まし時計を買ってきて、

 紙粘土でフクロウにして オリジナル置時計をつくったりしていた.)

 

f:id:matsumoto_ten:20160915203101j:plain

(家が狭くてできることも少ないので、休日はもっぱら駆け回っていた.

  これは、釣り帰りのムーミンにお会いしたとき)

 

 

 

7年経ったいま、

あのころの「住」に関する夢は、ほとんど全部、叶った.

果たして、

わたしたちは、豊かになったんでしょうか.

 

 

 

 

思い出せば、

あの頃も、いまも、

変わらずとても しあわせです.

 

あの頃に比べたら、大きなおうちを手に入れたけど、

もう大きな絵は描いていない.

 

理想のダイニングテーブルを手に入れたけれど、

ごはんがおいしくて、誰かと一緒に食べると嬉しいことは、何も変わらない.

 

そのとき、そのときの、身の丈に合った生活で、

じゅうぶん 幸せに暮らしてゆけるんだってこと(⌒▽⌒)

 

 

何かを手に入れても、

楽しくなかったら 何も意味がない.

じぶんたちが、たのしく暮らしてゆくために、いま 必要なものだけを のぞもう.

 

モデルハウスみたいな素敵なおうちにも、確かに憧れるけど!

完璧ではないこのおうちが、いまのわたしたちのベストなんだとおもいます.

不満解消のためにできること、いっぱいある! 

 

気持ちがいい、

うれしい、

落ち着く、

そうゆう心を 大切にしたい...

 

 

f:id:matsumoto_ten:20160915202523j:plain

 未来はいつも 希望!

 (狭くて なんでも 手の届くところにあったからこそ、

 こうゆう絵が描けたのかもしれないね )

 

 

 

 

 

(いつも読んでくれてありがとうございます ↓ クリックしていただくと このブログの応になるしくみです↓ )

にほんブログ村 nullへ

にほんブログ村