読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしいせかいとわたしたち

わたしと家族とその暮らし。手の届く範囲の、たのしいこと。

・人にめぐまれて最終日

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161022103657j:plain

 

 

いただいたお花で、

一気にハロウィンらしくなった我が家.

 

 

 

ついに産休に入りました.

入ることが、できました.

 

妊娠2ヶ月目から、一日中嘔吐し続ける日々が始まり、

寝たきり状態になって、2ヶ月くらいお休みしてしまった会社.

 

わたしが空けた穴を、周りのみんなが埋めてくれて、

それはそれは大変な思いをさせてしまいました.

 

みんなのことを考えると、

もう辞めたほうがいいんじゃないか、

いつ戻れるかわからない状態で、ずっと気まずいままでいるよりは、

自分もすっきりするんじゃないかと、

精神的にも追い詰められていた日々.

 

そんな中、

職場のみんなは、

いつも優しいメールを送ってくれました.

 

仕事のことは気にするな、

仕事はみんなでどうにかできるけど、

お腹の赤ちゃんを守り育てることができるのはあなた一人だよ、と.

そして、次に妊娠する人のためにも、迷っているなら絶対に辞めたらだめだよ、と.

 

とにかく待っているから、

いまは焦らず、ゆっくりして、

また働けるようになったらいっしょにがんばろうって、

いつもそんな言葉をかけてくれました.

 

 

温かい言葉に、ほんとうに救われる思いでした.

 

2ヶ月後、

ようやく復帰できたけれど、

相変わらずの体調で、どうにか通える状態で、

休みがちになってしまって、

結局最後まで迷惑かけてしまったのに、

みんな、いつもやさしくて、気遣ってくれて、

涙がでるほどありがたかったです.

 

 

最終日、行けるかどうか不安だったけど、

無事に出勤できて、

一人一人にお礼を伝えることができて、

お世話になったデスクやパソコンも綺麗に磨き、整えることができて、

心から感謝のきもちでいっぱい.

 

ほんとうに、人にめぐまれた会社生活でした.

 

このきもちを、お産への力に変えて、

みんなに明るい報告がしたいなと思いました.

 

プレゼントもたくさんいただいて、

(有給とって迎えにきてくれたわいさんにもってもらった)

ありがとう、ありがとう...

 

わたしは何も能力がないけど、

いつも 人にめぐまれて、助けてもらってる.

だから、やっぱり、ちいさなことで腹を立てたり悲しんだりするまえに、

周りの人にどれほど守られてるか考えなきゃだなあ、とあらためておもいます.

 

 

 

 

さて、

あまり動けないけれど、

できる範囲で生活をととのえて、

たのしいこと うれしいこと さがして

なるべくげんきに 出産をむかえたいです(⌒▽⌒)

 

 

↓おしていただくとこのブログの応援になります☆ にほんブログ村 nullへ
にほんブログ村