読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしいせかいとわたしたち

わたしと家族とその暮らし。手の届く範囲の、たのしいこと。

・我が子に会えた日の記録、前編

育児と家族

 

( ( あとで振り返るために、覚えてる範囲で、出産の記録を残しておこうとおもいます) )

 

 

出産予定日 2日前.

 

予定日には生まれてほしいなあと思っていたのに、

階段昇り降りなど運動するも、まったく兆候がなく、

あせったわたしに、父が、

明日(出産予定日の前日)、カニ食べに連れてってやる、贅沢なもん食べたら、びっくりして生まれるやろ、

と言うので、

気持ち悪いけど、すごく楽しみにして眠る.

 

 

 

 

出産予定日 前日

 

早朝、あまりの寒気で目を覚ます.

気のせいだと思いたかったが、関節痛までしてきて、いよいよ体がおかしい、

熱を測ったら37.1℃.

あまりにも具合が悪く、泣く泣く、

カニ、、無理そう、と両親に伝える.

無念・・・

 

9時半頃、なんとなく痛い気がしていたお腹が、やっぱり痛い気がして感覚はかってみたけど、

痛みが曖昧すぎてよくわからず.

 

念のため産院に連絡すると、

意外にも、入院の用意してすぐ来てくださいとの返事.

え、もう行っていいの?

気のせいだったら怒られるかな、どうしよう.

 

朝食まったく手をつけられず、

このままお産になったら体力やばいと思い、

甘酒を温めてもらったが、それすら飲めなかった.

熱でものすごく、具合が悪い!

 

10時半頃わいさん到着.

産院へ送ってもらう.

 

 

 

 

着いてすぐに分娩室へ.

自覚は全然なかったけど、陣痛がやはり始まっているらしく、感覚は3分きっていた.

あ、いま痛くなってきたでしょ?とか言われるけど、よくわからない程度の痛み.

え、これが陣痛?余裕じゃん、

と思ったじぶん、おばか.

 

それより熱がつらく、

測ったら38.5℃こえていた.

そのせいか、赤ちゃんの鼓動が早くなってしまってるらしく、許容範囲越えるとピーピーピー!と音がなるので、

そのたびに、心配で心配で泣きそうになる.

 

なぜこんな高熱が出たんだろう.

インフルエンザが疑われ、

わいさん以外の面会謝絶.

とりあえず解熱剤が点滴で投与された.

 

熱さがらないままお昼になり、

直感で、とにかく食べないと!とおもう.

助産師さんは、お昼用意してるけど、無理よね?って言ったけど、

いえ、食べたいです、と答えて驚かれる.

2/3ほどたいらげる.

わいさんが買ってきてくれたゼリーは残した.

 

陣痛が遠のいてしまったらしく、

陣痛室へ移動.

子宮口もぜんぜん開いてないらしく、

今日中には生まれないだろうと言われる.

 

熱がつらかったので、少しほっとした.

熱は37℃台に少しさがっていた.

 

3時頃?インフルエンザの検査をすると陰性だったが、高熱の原因不明のため、やはり面会謝絶.

 

そして急激に、本格的な痛みが襲う.

ああ、なるほど、これが陣痛か.

たしかに痛いわ.  あーなるほどなるほど.

声に出して、こーゆーことか!と言う.

 

痛みに合わせて、わいさんにテニスボールで押してもらう.

ほんの少し意味があるようなないような.

 

感覚は5分きっていたし、

着いた時とは明らかに違う、はっきりとした痛み.

子宮が握りつぶされるような、ねじられるような痛み.

子宮口は3センチから動きなしで、絶望する.

助産師さんが、笑いながら、まだまだよ〜と言うので悪魔に見えた.

 

 

 

 

6時頃、痛みも感覚も増し、

テニスボールなんかまったく意味がなくなった.

陣痛の間は、誰の問いかけにも応じられない.

身動きとれない.

痛みのあまり、声が出せないのだ.

 

夕飯が運ばれてきたが、食べられないので、わいさんに食べてもらう.

ご飯が美味しいことで評判の産院だったので、悔しくて悔しくて.

 

陣痛の間は、ベッドの上であぐらをかいて、ひたすら深呼吸に集中した.

特に、過呼吸にならないよう、長く吐く ということを意識した.

息を吐き切ると、自然に、新鮮な空気をたくさん吸える、と何かで読んだ気がしたから.

 

 

テニスボールの役割がなくなってしまったわいさんは、

なぜかわたしの深呼吸に合わせて、一緒にフーーー!と言っていた.

なんか、おもしろかった.

陣痛の間一緒に呼吸をしていたのに、いつのまにか夕食をペロリと完食していた.

わたしのビーフシチューは、わいさんの体力を回復させた.

 

わたしは、痛みのあまり、

二回か、三回、嘔吐した.

痛くて吐く、ということがあるんだと、初めて知った.

わいさんは、嫌がることなく介抱してくれた.

 

 

 

助産師さんは、それでも、まだまだよ

と言う.

ぜったいおかしい、ぜったいに!と思ったが、耐えるしかなかった.

 

痛みが、お腹ではなく、腰やおしりに来たら教えてね、と言われたけど、

もう、痛すぎて、どこが痛いのかわからないので何も言えなかった.

6時の時点で、子宮口まだ3センチとかだったので、

助産師さんはわたしのことを、痛がりだと思ったみたい.

 

 

 

 

気絶させてください〜と何度も思うくらい痛くて、

それでも直感で、これでは死ねないなとおもった. ほんとうに、まるで拷問.

逃げることのできない痛みが、いつまでもつづくように思えた.

 

そのうちに、

痛みに加えて、

もう、自分ではコントロールできない、何かが襲ってきた.

よく、肩こりとかで整体なんかで、体に流す 電気あるでしょう?

あれの、電力最大のを、何十個もお腹とおしりにつけてるかんじ.

どんなに力を抜こうとしたって、

勝手に筋肉が力を入れてしまう.

 

あんなに大きな力が自分の意思とは無関係に出せるこの体って、すごいなあと

いまではおもう.

 

 

あ、これがいきみたいって感覚なのかな?と思ったけど、あまりにも痛くて声も出せない.

さすがに助産師さんも、この痛がり方はおかしい、と思ったのか、

再び分娩室へ移動したのが9時くらい.

 

 

つづく