読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしいせかいとわたしたち

わたしと家族とその暮らし。手の届く範囲の、たのしいこと。

・お宮参りと夢の話

育児と家族

 

2ヶ月前から計画していた、お宮参りと、写真撮影。

大安だった昨日、滞りなく終了しました。

 

まず朝から写真館で撮影。

親族みんなでの撮影は、5分もかからず終了し、もひソロ写真もすぐ終わっちゃいましたよ。

どんなにあやされても、にっこり笑うでもなく、泣くでもなく。

ハイハイはよ撮っとくれ、という顔で対応。

 

店員さんが、いろんなアイテム使って、全力で頑張ってくれたけど、

あー、それじゃあもひは笑わないんだよー、とか思ってました、ごめんなさい。

でも、笑わせてみますか?て言われて、何度か挑戦したのですが、わたし、恥ずかしくて全力出せなかった・・・

もひごめんね、かーちゃん、内弁慶なのよ。

あんな変顔、家の中じゃないとできんのよ。

 

そんなわけで、真顔のもひの写真を撮り終えました。

 

 

お宮参り用の写真で赤ちゃんが身につける、フリフリのお帽子と前掛け。

なんだこれ、うける、ってずっとバカにしてたんですが、

我が子となると考え一変。

か、かわええ!てなっちゃいますね。

営業のために、店員さんも可愛い〜とか言うもんだから、完全にバカ化しちゃいます。

 

写真館は自宅からすぐのショッピングモールの中だったので、

撮影終了後は、自宅でひるごはん。

 

頼んでおいたお弁当をたべました。

 

彩豊かで、お祝いの日にぴったりなお弁当。調べておいて良かった〜って思いました。

料理を用意するのは大変なので、お弁当にして本当に良かった◎

 

そして午後から、安産祈願した神社へお宮参りに。

自宅からは1時間ほどかかるのですが、神社に着いたら車の中で授乳。

お宮参り用の授乳服、買っといて良かったですよ。前がジッパーでパカーンあけられるのに、色も形もいいし、膝下丈が上品。

ただし、真珠のネックレスし忘れたし、授乳ストラップ取り忘れたのが残念。

 

ご祈祷は30分ごとに次の組に入れ替えで、

それまで広くて綺麗な和室の控え室で待機できるので、その間におむつを替えたり、掛け着つけたり。

お義母さんにだっこしてもらって、いざご祈祷。本殿へ。

 

ご祈祷中眠くなったもひは、ちょっと泣きました。

お義母さん、正座しんどいよね、そのうえ3カ月の重いもひ持つの大変で、しかも泣いちゃってごめんね。って思ってたら、

後ろで父が、おぉ〜泣け泣け大きく泣け〜神さん聞いてくれはるとか小声で言ってるので、

黙ってて、と思いました。

 

でも4人のこどもを育て上げたお義母さんは、余裕そうに、もひを小刻みにユラユラさせて、見事寝かしつけました、正座のまま、目立たないように、すげー。

 

赤ちゃんのためのご祈祷なので、

赤ちゃんが泣くことは一向に構いませんから、どうぞ泣いてもそのままお受けください、

と言われていても、やっぱり泣くと、どーしようーとか思っちゃいます。

 

ヒヤヒヤしながら、隣のわいさんをチラ見したら、あいつぐーぐー寝てましたよ。おい。

 

ご祈祷が終わり、スヤスヤのもひ。

外に出て、記念撮影しました。

 

f:id:matsumoto_ten:20170320072616j:plain

もうこの時は、もひ嫌がって、帽子とか取っちゃってますけど。

 

天気もすごくよくて。

みんな終始笑顔で。

あー良かったなあって心から思いました。

 

お宮参りは、1カ月でするものだけど、

写真撮影するのに、表情ができてからのほうがいいと思ったし、

あの頃は傷も体力もまだ回復してなくてボロボロだったから、

この時期に伸ばして本当によかったよー。

 

いい思い出ができました。

出来上がる写真もたのしみだな。

 

 

写真館で借りた衣装を返す前に、

自宅で記念に撮ってみた。

 

f:id:matsumoto_ten:20170320073102j:plain

 

お宮参り用に、産着貸してもらえるサービスはいいねえ。

華やかなかんじ。

ひざ掛けじゃねーぞ、って言われそうだけど。

 

あー、いつかわたしも着物着て撮影したいなあっておもったよ。

結婚式ではドレスだけだったし、

もひの七五三とかで着れたらいいなあ。

 

素敵で立派な着物を、もひの分とわたしの分、親戚からお祝いでいただいてしまったし。

 

 

そんなわけで、とても楽しいお宮参りの1日は、無事終了しました。

家族そろって、しあわせでした。

 

もひおつかれさま、素晴らしい時間をありがとう。

 

 

 

 

さいきん、せっかくの育休中に何か勉強できないかな、と思っていて、

最初資格のこと調べていて、経理に携われる資格どうだろうか、と考えていたのですが、

まったく別の勉強することにしたんです。

 

で、それ関係のSNSを読んでいたら、こんな動画を紹介していました。

 

ちょうど隣にわいさんもいたので、

ソファーでいっしょに この動画を見ました。

 

m.youtube.com

 

感激しました。

珍しくわいさんも食い付いてましたよ。

 

心に留めておきたいことばがいくつもありました。

そして、こうゆう考えかたで、もひを育てていきたいな、とおもいました。

 

 

もひをみていると、本当に、無限大の可能性を感じるというか、

できないことが できるようになる、ということに対して、何の思惑もなく、

ただ単に、やってみよ、あ できた、みたいなかんじで。

できなくても、何の 恥ずかしさや、悔しさも、もちろんなく。

できる、できない、っていう概念もないから、あたりまえなんだけど。

でも、赤ちゃんみてると、純粋な興味で体が動くことの大切さや、その力の大きさを、日々感じるわけです。

 

 

わたしたちは、

誰からかはもう忘れたけれど、

誰かから、きっと、教わったんでしょうね。

しなければならない、してはいけないと、思い込んでいる数々のこと。

 

そうではなくて、

自然としたいとおもうことを、したらいいんだとおもいます。

 

 

この動画を見て、

言えば、そんなお金どこにあるんだ、って、

自分でも思ったし、わいさんにも言われるけれど、

玄関収納のところぶち壊して、

隣の洋室とつないで、

玄関に採光と広さを確保したいなーってやっぱり思いました。

きっとやろうとおもいます。

もしくは、買ったばかりだけど、このマンション売って引っ越すかだな!

でも、(うちにとっては)大金はたいてリフォームしたからね。なるべくこの家で快適に暮らしたいよー

 

うちの子も、夢とかもつのかしら。

喋ったりするのかしら。

まだまだ想像つかないけど、

 

たくさん褒めてあげたいし、

アイディアだしてあげたい。

 

なにかをしたいとおもうきもちを、

いっしょになって楽しめたらいいな。

 

f:id:matsumoto_ten:20170320215839j:plain

 

かみさま。

おかげさまで、

もひは、無事にうまれてきてくれました。

わたしもげんきです。

これからも、よろしくおねがいします。

 

 

 

↓ 下のバナーをクリックして、このブログを応援していただけたらとってもうれしいです(^.^) いつも よんでくれて ありがとう... ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村