読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしいせかいとわたしたち

わたしと家族とその暮らし。手の届く範囲の、たのしいこと。

・余った壁紙で襖をイメージチェンジ

家のこと

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161003182941j:plain

( きょうの記事とはまったく関係ない写真!

 これはね、卵焼き器でホットケーキを(わいさんが)つくった記念の写真です.

 うん、ホットケーキは、やっぱり丸だね )

 

 

 

前に、おうちのリフォームで、壁紙をはりかえたことを書きましたが、

その際に、たくさんの壁紙が余りました.

白の壁紙なんて、1ロールまるごと余ったくらいです.

 

アクセントクロスも余っていたので、

なんとなくもったいなくて、取っておいたんですが・・・

 

 

リビングのアクセントクロスにした、ブルーグレーの壁紙を、

リビングと和室の境の襖にはってみることにしました〜(^。^)よ

 

だって我が家の襖、ダサいんだもん.

(ダサいというか、まあ、普通の襖なんですよ)

 

f:id:matsumoto_ten:20161003183250j:plain

 

こうゆう↑  ね.

ちょっとオレンジがかった、、はだいろ?

和室ですよ〜っていう、ね.

年季もはいってるし、ほんとは素敵な建て具に取り替えたかった、しかし、お金がなかった.

 

そこで、よし、壁紙をはってしまおう、ということに.

(襖の「はりかえ」は、なにやら大変ぽく、工作レベルしかできないわたしたちは、「上からはる」って選択肢しかなかったの)

 

f:id:matsumoto_ten:20161003183559j:plain

まず襖をはずして、

 

f:id:matsumoto_ten:20161003183641j:plain

この取っ手も

 

f:id:matsumoto_ten:20161003183702j:plain

はずして(リビング側は、丸いのじゃなかったから、取るのが簡単でした)

 

f:id:matsumoto_ten:20161003183746j:plain

両面テープを20センチ四方?  ・・テキトーにはって、

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161003183831j:plain

あらかじめ、10センチくらい長めに切っておいた壁紙を、床に仮止め.

(国産の壁紙は、横の長さは、たいていの襖より長いみたいです)

 

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161003184002j:plain

仮止めしたのと反対側の、一番端の両面テープだけはがして、つけて、

仮止めはがして、つけた方にクルクル巻いて、

残りの両面テープをぜーんぶはがして、

内から外に向かって壁紙を伸ばしながら、クルクルをひろげてゆきます.

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161003184152j:plain

は、貼れた〜!

 

そして、余った部分を、枠の木に合わせてカット(このとき下の襖紙を切らないように)

 

 

この貼り方の詳しい説明はこちら↓

http://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/d/wall_p/fusuma-wp.html

 

 

この通りにはっただけです.

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161003184511j:plain

で、できた!

うわー!写真だとあんまり変わらなーい!

でも、本物は、かなりのイメージチェンジなんです!

 

 

そうなんです、今回も、今回とて、

わたしがやったのではなく、

 

わたしは最後の壁紙の余りをカッターで切るところだけやって手柄を横取りしようとしたくせに、

ガタガタになっちゃって嫌になっちゃって、

だってお腹が邪魔で見えないんだもん!前かがみになれないんだもん!、と勝手にふてくされ、

もういいから、あっちで梨とぶどうでも食べてて、と言われ、

梨を食べながら眺めていただけなんです...

 

はったのは、わいさんです.

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161003184840j:plain

ちょっと空気が入っちゃったけど、

和な感じが緩和されて、リビングのアクセントクロスとそろって、とっても気分良くなりました.

 

今度は押入れとかも、はりかえてもらいたいなと企んでいます.

(たぶん妊娠してなくても、わたしには無理なんで、よろしくおねがいします)

 

 

 

いつも読んでくれてありがとうございます!

下のバナーをクリックしていただくとこのブログの応援になるしくみです!

押してくれた方どうもありがとうとってもうれしいです(^。^)

 

 

 

にほんブログ村 nullへ
にほんブログ村