読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしいせかいとわたしたち

わたしと家族とその暮らし。手の届く範囲の、たのしいこと。

・補修工事完了で、みちがえる床と壁

 

f:id:matsumoto_ten:20161107115443j:plain

 

 

ダイニングスペースの床と壁の補修工事がおわりました!

 

・・・今年に入って、2度の漏水があり、

カビてしまったダイニングの床.

 

1ヶ月前に、ようやく補修工事が始まり、

床をはがした状態で1ヶ月乾燥させ、

ようやく昨日、張り直しが完了したのです.

 

f:id:matsumoto_ten:20161107115829j:plain 1ヶ月この状態だった.

 

床を張り直すために、巾木もはがすため、

それに伴って壁紙も貼り直すことになりました.

 

今回の工事は、住みながら工事だったので、

どんなふうに作業してるのか見ることができて、とってもたのしかったです(^。^)

(床を張りなおしてくれた大工さんも、壁紙貼り直してくれた職人さんも、ふたりともすごくいい人で)

 

それではビフォーアフター

 

 

ビフォー

 

f:id:matsumoto_ten:20161107120129j:plain

 

アフター

 

f:id:matsumoto_ten:20161107120212j:plain

 

 

ビフォー

 

f:id:matsumoto_ten:20161107120251j:plain

 

アフター

 

f:id:matsumoto_ten:20161107120325j:plain

 

きれい!

こどもがうまれるまえに、補修工事ができてほんとうによかったです.

 

壁紙は、巾木交換のためだったので、もともと全くよごれてなかったんだけど、

自分で壁紙貼るときのためにずーっと見てて、超超超参考になった!

(とは言っても、やはりプロの作業は早すぎて、真似はできないけど、なんとなく流れを知ることができたし、道具の重要性なんかもなんとなくわかった)

 

ビフォー(はがしおわったところ)

f:id:matsumoto_ten:20161107120700j:plain

新しい壁紙はこんなにスルスル綺麗にはがれるんだねぇ(二つの洋室の壁紙は、自分ではがしたんだけど、まったく剥がれてくれなかった!)

 

アフター

f:id:matsumoto_ten:20161107120822j:plain

まっしろ!

 

やっぱりプロはすごい!

2時間もかからずに貼り直しが完了.

目にも止まらぬ速さでした.

 

 

そして元の棚を戻して.

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161107121045j:plain

こうなると、やっぱり棚の収納が気になる!

 

 

f:id:matsumoto_ten:20161107121232j:plain

せっかく床が綺麗にもどったので、

棚の収納もちゃんとしなきゃなあ、、.

 

 


 

 

漏水によって、

設備の交換だけでも大出費だったので、

床の張り替えまでする予算は、わたしたちにはなく、泣く泣く何ヶ月もそのまま放置してました.

 

ところが職場で、

戸建てを買った方が、二階の洗濯機から水漏れして、大変だったけど、

保険がおりたから補修工事できた、というお話を聞いて、

 

もうその時点で半年以上経ってたんですけど、

 

もしかしたらうちも...

という淡い(2%くらいの)期待で、

火災保険の特約を見たら、漏水の項目があったんで、とりあえず申請.

 

そしたら、問題なく申請が通って、

それで、今回の工事ができたんです.

 

 

いままで、賃貸だったし、

設備不良とか大家さんに全部やってもらえたから、

保険の重要性なんてかんがえたこともなかったんで、今回ほんとに身にしみました.

 

特にマンションだと、階下への被害もあり得るし、保険て重要なんだなあ、勉強になったよ...

 

医療保険や、終身保険については、じぶんなりに勉強して納得して入ったつもりなんですが、

火災保険にこれほど救われることになるとは..

 

そして、偶然にも、教えてくれた職場の友人に感謝です!すごい詳しくおしえてくれたの〜

そこで知らなければ、諦めるところでした.

 

 

綺麗にもどったダイニング.

パソコンスペースの配線とか、ファイルボックスの整理とか、

整えたいところが余計に出てきたので、

これからも楽しくがんばります!!(^。^)

 

↓  この家の絵をクリックしていただくと、このブログの応援になります.

いつも読んでくれてる方、どうもありがとう!

にほんブログ村 nullへ